デイサービスのご案内

>>有料老人ホームついてはこちら 

デイサービス
介護保険で要支援・要介護であると認められ、在宅で生活されている方を対象に、ご自宅から施設まで送迎し、入浴や食事の提供、その他の日常生活上のお世話や健康状態の確認、機能訓練などを行うことを目的とします。

常駐ST(言語聴覚士)による機能回復訓練
 
  当施設では、ST(言語聴覚士)を常駐し、機能回復訓練を行っております。言葉の不自由な方にとって大切なこと、それは「定期的に通える場所」と「他の方とのコミュニケーション」。多くの方が、周囲の人と通じ合うことができない為、孤独感を深め、ご家族の方たちも大きな不安やストレスを抱えています。STがきめ細やかな訓練を行い、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図り、障害のある方がよりよい生活を送ることができるように支援します。 
機能訓練をトータルサポート
 当施設では、言語聴覚士・作業療法士・理学療法士がそれぞれ連携をとって、サポートを行っております。互いに密接に連携することでトータルサポートが期待でき、効果もUPします。
 

言語聴覚士とは・・・

言語聴覚士法に基づき、言語聴覚療法(音声機能、言語機能、摂食・嚥下機能、又は聴覚に障害のある者に対し、その機能の維持向上を図ることと言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助)を行うコ・メディカルの一つで、医療機関、教育機関、保健福祉機関等で幅広く活動している名称独占資格です。

作業療法士とは・・・
「作業療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行わせることを言います。

理学療法士とは・・・

「理学療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、「理学療法」を行うことを業とする者をいう。「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。

当施設では現在、言語聴覚士常勤1名、作業療法士常勤1名、理学療法士非常勤3名の体制で行っております。

日常生活サポート 
デイサービスでの主な行事
季節ごとに様々な行事・催し物を企画しております。
外出にて ホーム内にて 交流会(保幼との交流)
初 詣
お花見
春日部の果てまでイッテ究
など
豆まき会
ひな祭り
端午の節句
古里まつり
など
ボランティアによる舞踏鑑賞
歌謡ショー
カンボジア交流会
家族の介護教室
など

その他 デイサービスの一日
入浴サービス
機械浴設備(4種類)の充実。自慢の「人口炭酸泉」のお風呂は、血行障害・肩こり・関節障害の効果が期待されています。

>>
「人工炭酸泉」をチェック

外出ツアー

買い物、外食に参加していただき、自然とのふれあいにより自分らしさを感じていただきます
運動療法
健康増進運動で身体機能の改善をめざします。
四季の行事
日本のふる里との情緒に触れ、感動しあい、懐かしい故郷をおもいおこしていただきます。
作業療法
趣味を生かし、和の文化や伝統をおもいおこし、思い出リハビリをめざします。
リラクゼーション
・アロマテラピー・フェイシャルマッサージ
・ネイルサービス・フォットスパ・ヘッドスパ
時間 内 容
8:30 送迎
9:30 バイタルチェック
10:00 入浴(午前の部)
趣味の時間
10:30 茶話会、機能訓練
11:00 いきいきリハビリ体操
12:00 昼食
13:30 趣味の時間
14:30 レク、音楽リハ、運動療法、作業療法
15:00 おやつ
趣味の時間
16:00 送迎

リハビリテーション 

レクリエーション

毎日、選択メニューによるカルチャースクールのようなレクリエーションを目指します。
 
 
炭酸浴
心も体もほっかほか。
デイサービス自慢のお風呂です。

 
炭酸泉とは・・・
炭酸ガスが溶け込んだお湯のことを言います。1リットルのお湯に炭酸ガスが1グラム(1000ppm)以上溶けたものには特に効果が高いといわれ、療養に利用されています。体の負担が少ないぬるめの温度(37℃~40℃)で長湯をするのがお勧めです。また炭酸泉は健康な素肌と同じ弱酸性で、湯上りはなめらかで潤いのある肌を実感できます。

炭酸ガスは皮膚から体の中に容易に入り込む事の出来る数少ない物質であり、炭酸ガスの持つ、いろいろな作用と性質をうまく利用するのが炭酸浴です。炭酸浴により炭酸ガスが皮膚から吸収されると皮膚の血管が開いて多くの血液が流れるようになります。

また、湯温の感じ方(2℃くらい高温に感じる)を変えたり、心臓の働き方(血圧や心拍数をさげる)を変えたりなどといったように自律神経系にも作用し、精神を安定させる効果も期待できることから、リラックス効果も高いと言われています。

炭酸浴は、肩まで浸かる様な全身浴では体温の上昇による血圧上昇や頻尿を抑えたりする作用がありますので、より負担の少ない入浴を行う事が出来ます。
更に、体の血行が良くなることで、腰の痛みや手足の関節の痛みを緩和する効果があることもわかっています。

国際医療福祉大学 大学院 前田教授が学会で発表されています


  
 
介護度 介護保険
単位数
自己負担額
基本料金
要介護度1
645
645円
要介護度2
762
762円
要介護度3
883
883円
要介護度4
1,004
1,004円
要介護度5
1,125
1,125円
個別機能訓練加算Ⅱ 56  56円
入浴介助
加算
50
 50円
食  費
685円(昼食・おやつ代含む)

利用日数に応じて1円単位での誤差が生じることがございます。
※別途、地域加算および介護職員処遇改善加算が加算されます。


  
介護度 介護保険
単位数
自己負担額
 

基本料金

 
要支援1 1,647 1,647円
要支援2  3,377   3,377円
運動器機能向上加算
225
225円
生活機能向上
グル|プ活動加算
100 100円
食  費
685円(昼食・おやつ代含む)  
加算項目に応じて1円単位での誤差が生じることがございます。
※別途、地域加算および介護職員処遇改善加算が加算されます。